春夏秋冬


花の歌、春夏秋冬、どの季節も良かった。


こういう芝居の台本係が一番性に合っているのかもな。50にして、すっかり研究生気分です。それでいい。


心に残るシーンもたくさんありました。一人暮らしのアパートで、奇跡について思うシーン。お互いに辛い過去を持つ二人が夢の話をするシーン。恐喝に向かった二人が考えを変えるシーン。不器用な女が自分なりのやり方で家族を守ろうとするシーン。姉妹が記憶を一緒に掘り出すシーン。


みんないい俳優になるね。


たまたま劇場の上の喫煙所で俳優座時代の友人と遭遇し、本当に久しぶりに、研究生の頃のように、夜の公園のベンチでビールを飲みながら語りました。お互い髪の毛は薄くなりましたが、映画や演劇論の中身は少し濃くなったかな。となりで亡き西川リョウタロウが爆笑しているような気がしました。



リョウちゃん、お前の母校で芝居やったぜ。


P_20200504_180226_vHDR_On.jpg

この記事へのコメント