無人島


新しいものに、さほど魅力を感じない。まあ、そんなもんだろうと思うばかり。むしろ、新しい! なんて主張すればするほど、嘘くささ、胡散臭さを感じてしまう。


錆び付いていては困ることもあるけど、ホコリを被っているくらいが丁度いい。背伸びした、浮ついた新さよりも、どこか開き直ったような、腰の据わった古臭さに、感興をそそられる。


同じ創作でも古典に、同じバイクでも中古車に、同じ壺でも縄文土器に、深い味わいを覚える。


最先端科学なんて、随分偉そうに幅を利かせているけれど、実は人間を退化させている、つまらなくさせているだけのものなんじゃないかって、最近よく思います。AIと棋士が対戦する将棋なんて、あんなもの何が面白いのかと思う。映画の特殊撮影も、どこか覚めて見ている自分がいる。ドラマを殺しているだけなんじゃないかって。最先端西洋医学なんてのも、そりゃ長生きできるかもしれないけど、飲めば治る、切れば治るって、人間の物質化でしょ。人間の本質である精神の軽視でしょ。この世が全て。死んだらお終いってスタンスじゃない。プラトンの時代から退化している証左ですよ。


まあ、こんなこと書くと怒られるのは分かりきっているけど、そう思うんだから仕方ない。思うことを書けないようじゃ生きてても仕方ない。それで傷つく人がいるなら申し訳ないと思うけど、それ以上でも以下でもないな。



と、まあ、そんな朗読劇をやってみます。



ふうん



という方は、



朗読劇「無人島」



最先端技術、ズームを使って配信します。


是非、ご覧ください。




先日、発掘した縄文土器。ヘンリー・ムアーの彫刻を思い出します。

P_20200426_200430_vHDR_On.jpg

この記事へのコメント

ミュウ
2020年05月03日 01:37
日向十三様
こんばんは。
いつも楽しいブログを有難うございます。
朗読劇「無人島」を鑑賞したいと存じます。
web検索致しましたが,情報が引き出せませんでした。
ZOOMからの視聴の手続きなどどのようになりますでしょうか?
ミュウ
2020年05月03日 05:31
既に解決しました。
日向十三
2020年05月03日 12:06

>ミュウさん

いつも、コメントありがとございます!

朗読劇の情報は、まだオープンになっていません。キャスティングなどが決まりましたら、当ブログ、ツツガムシのホームページなどでお知らせいたしますね。お楽しみに!