待ちわびた太陽

ある日、
海の向こうに
太陽は沈んだ

ジュッと湿気た音を残して
太陽は消えてしまった

それっきり
いつまでたっても
世界は真っ暗

俺はずっと、
沈んだ太陽は
昇るものだと思っていた

そんなことはない

ジムモリスンも言っているじゃないか

THE FUTURE IS UNCERTAIN AND
THE END IS ALWAYS NEAR

だから、
一瞬は永遠で
永遠は一瞬ってわけだ

久々に
昇った太陽

まぶしいね


向こうから
一人の幼い子供が
自分の真っ黒い影を見つめながら
斜めに走ってくる

道行く人が
笑いながら
その子供をよけている

ぶつからないように
よけている



この記事へのコメント