テーマ:教育

憲法を守る

ちょっと仕組まれたようにすら 思えてしまうけどね 政党乱立の恩恵に 自民が浴した そういうことなのだろう 要するに 漁夫の利というやつ 勝つには勝ったが 褒められたもんでは 全然ないんだね 自民はそのことを 自覚しなければ 大変な間違いを 犯すことになる 特に悲願の憲法改悪には いよいよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

滑り止めで、いいのかい?

他の県ではどうなってんのか知らないけれど 神奈川県の高校受験制度って、おかしいね 来年2月に娘が受験を控えていて それで志望校を決めていく中で知ったんだけど 簡単に説明するとこんな感じ 公立高校は一校だけしか受験できない で、必ず合格できるわけではないから 他の学校も受験しなければいけない 必然、私立を受験す…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高校演劇

昨日になるけどね、 神奈川県高等学校演劇発表会 ってのを観てきた 十代の学生がさ 今、どんなものを作っているのか ちょっと気になってね 雨のそぼ降る桜木町まで ぷらっと行ってきた 自分の中で 学校演劇ってこんなものだろう そういうものはあったんだ それはこれまでに 多くの学校演劇経験者たちと …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

政治的目的の演劇ってなんだい?

大阪維新の会の大阪府議団が 教職員らの政治・組合活動の規制を強める条例案を 提案する方針を固めたらしい 維新の会は、府議会で過半数を占めるので 可決は確実だ その中には「職員の政治的行為の制限に関する条例」 が盛り込まれている 政治的目的を持つ文書の発行や演劇の演出の禁止 といったことが規制対象になるらし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

菅家さんの地獄

足利事件で犯人に仕立てられた菅家さんは その著書「冤罪 ある日、私は犯人にされた(朝日新聞出版)」の中で ぶち込まれていた刑務所での吐き気を催すような体験について 勇気を出して告白してくれている 千葉刑務所で菅家さんは 同房のリーダー格の男に 陰湿で容赦のないリンチを受けたのだ まあ、その内容はここで改めて書くのも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

死刑のレーゾンデートル

ハーバード大のサンデル教授の 白熱授業ってのを見た 素晴らしい授業だ 日本の大学も見習うべきだ そういう声が多いみたいだね サンデル教授の頭の回転の速さ 学生と真剣に向かい合う姿勢は 確かに素晴らしいものがあると思う ただ、彼の問いのたて方に 違和感を覚えるのは 俺だけであろうか たとえば 遭難し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いじめ

いじめ これは結局は 大人の問題だ やったりやられたりしてるのは 子供かもしれないけれど 主犯は大人 親や教師が 徹底的に 駄目なんだ それなのにね 「あなたのことをわかってくれる大人が 必ずどこかにいる だからSOSを発信しなくては駄目だ」って 大人ってのは どこまでノーテンキなんだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

腐った日の丸

「マルセ太郎 記憶は弱者にあり」(森 正 編著)を読んだ マルセってのは マルセルマルソーからとったんだって (マルソーは10年くらい前に横浜で観たなあ。 素晴らしかった) いくつかマルセ太郎の言葉を紹介しよう 僕はね、「君が代」とか「日の丸」問題について、 日本人は根源的に鈍感だと思うんですね。 「日の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

卒業式で

そろっていないと気に食わない そういう感覚は分からないでもない 俺自身、たとえば将棋の駒が一つ欠けていて それをいつまでも紙で作った駒で済ますのは 何となく気持ち悪くて嫌だし 古本屋で、「菜根譚」が植物関連のコーナーに並べられていると こっそり移動した方がいいのか、つい考えてしまう だから一個人の性癖として 「そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宴(裕子)の時間

今回の公演では 毎晩飲みに行きました その宴の席に 最もよく溶け込んでいたのが 宴だけに 宴堂裕子さんでした 宴堂さんは 「automata」の前の公演 「チェイサー」に出演されているのを ツツガムシ三人が観て 一目ぼれした女優さんです (ちなみにその公演で宴堂さんは母親役 共演していた小飯塚さんは不…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

少年と外国語

ドナルド・キーンの『私の大事な場所』(中公文庫)というエッセーに こんな言葉があった 九歳の時のヨーロッパ旅行のお陰で外国語を習う必要も分かり、 外国人との付き合いの楽しさも味わった。 小学校の同級生たちは北米大陸をどんなに遠く行っても 英語が通じるという理由で、外国語を役に立たないと思っていた。 私はフランスの少女…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

運動会のこと

小学生の頃 運動会を楽しいと思ったことは 一度もない 徒競走なんか あんなのは愚の骨頂で 一等でも嬉しさは感じなかった 走るのは好きだったけど 命令されて走らされるのは かなわなかった 教師は異口同音に とにかく一生懸命走れ! 負けるのも大切な経験だ! 勘弁してほしい それならさ まず…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more