明日

明日


篠突く雨の午後三時

燕は腹を光らせて

灰色空を飛んでいる


いつか過ごした教室の

窓から同じ風景を

見た気がするは気のせいか


明日死ぬ人は誰なのか

すでに決まっているものか

それが我だとするのなら

ここでこうしてよいものか


何千何百明日重ね

間違いばかり繰り返し

待てど暮らせど明日は来ず

執行猶予の日々如何に


明日死ぬ身とは思えども

そに疑いはなかれども

我が川の瀬の知恵浅く

我が川の淵、欲深し


篠突く雨の午後三時

燕は腹を光らせて

灰色空を飛んでいる


                十三



コルトレーン、ドルフィ、そして昨年亡くなったタイナー。俺のお気に入りの曲、その名も、マイ・フェイヴァリット・シングス。


P_20210501_144827_vHDR_On.jpg

この記事へのコメント