「DROP」が読みたい! という声にお応えします!

「DROP」の台本の冒頭部分です。


続きが気になる方は、ツツガムシホームページへ!




~~~~~~~~~~~~~~~~~
        DROP

どこか遠い外国の、港に面した公園。夕暮れどき。ペンキのはげたベンチに幼い少女が一人腰掛けて泣いている。出船を告げる汽笛の音。海鳥の声。潮の香り。


そこへ一人の男が現れる。探偵。いや、昨日まで探偵だった男。独り者。年老いた男。しかし、今日、非合法組織を出し抜き、その裏金を奪ったのだ。計画は順調に進み、後は目の前の出航直前の船に乗って旅立つばかり。


汽笛の音。男は静かな足取りで船に向かう。と、彼の耳に、ハーモニカの掠れた音が流れ込む。歩みを止めて音のする方へ振り向くと、ベンチに座って一人すすり泣く少女の姿。周囲をぐるっと眺めるが誰もいない。男はじっと少女を見つめる。腕の時計に目をやる。まだ少し時間がある。男は、少女の腰掛けるベンチに歩み寄る。


    どうしたの? お母さんとはぐれちゃったのかい?


少女はぴたりと泣き止む。そして顔を上げ、真っすぐ男を見る。男は、泣きはらしてはいるが、力のこもった少女の瞳に、思いがけず胸を突かれる。


少女    お母さんなんていないもん。

    そうか……。だれか待ってるの?

少女    ずっと……まってるの。

    来ないのか? その人は。

少女    ……。

    おうちは近くなの?


 少女は遠く高台に見える修道院を指さす。


    修道院……。

少女    (こっくりと頷いて)……。

    もうお帰り。また、明日待てばいい。じき日が沈んで、この辺りは真っ暗になる。

少女    ……。

    こんなところで泣いていると危ないよ。港には人さらいがいるからね。一人ぼっちの子どもはいないかって、目を光らせて探してるんだよ。

少女    (パッと顔を輝かせて)おじいさん、人さらい?

    え……。

少女    人さらいなんじゃない?

    人さらいに見えるかい?


少女、男をじっと見つめて。


少女    おじいさんは……ちがうみたい。

    ……。

少女    あたし、わかるの。わるい人ばかり見てきたから。その人がどんな人なのか、見ればわかるの。


 汽笛が鳴る。男は時計を見る。出航の時間が近付いている。


    いいかい……俺は悪い人間だ。君にも間違えることはある。人さらいはこんなふうに、いい人のふりをして近づいてくる。気を付けなきゃいけない。

少女    おじいさんも気をつけなきゃ。

    ……。

少女    船がよんでるよ。早くのらないと、おいてっちゃうぞって。


汽笛の音。


少女    さようなら……いいたびをしてね。

    ああ……さようなら。


男は船に向かう。少女はその後姿を見送って、再び思い出したようにうつむいて泣き始める。そこへ、男が戻ってきて静かに少女の隣に腰を下ろす。


    分かったぞ。泣いている理由。

少女    (驚いて顔を上げて)……。

    お腹が痛いんだ。

少女    ……。

    違う? じゃあ、歯か? 歯が痛いんだ。

少女    ……。

    あれ……それじゃあ、お尻? お尻が痛いのか。

少女    おしりなんかいたくない。

    そうか。でもどこか痛いんだろ?

少女    (胸に手を当てて)ここ……ここがいたいの!

    ああ、そこは、一番痛いところだ。


少女は、少し笑う。男はポケットからドロップを二つ取り出して、一つを少女に差し出す。


    痛み止めだ。


少女は受け取って見つめる。男が包み紙から出して口に放り込み、舌の上で転がすと、少女も同じようにして口に放り込む。


少女    おじいさんも……ここがいたいの?

    ときどきね……。まあ、大人にはもっと効く薬があるけどな。

少女    これ……ロビンにもあげたい……。

    ロビン?

少女    いなくなっちゃったの……。

    ロビンってのは……犬か?

少女    人よ。あたしの、たったひとりのともだち。

    ……。

少女    もう何日もまえに、あたしたち、ここにふたりで船を見に来たの。いい天気で、あたたかくて、それに、あんなに気持ちのいい風がふくんだもん。あたし、ねむっちゃったの。でも、たぶんみじかい時間よ。ゆめだって見なかったんだから。それなのに、目をさましたら、いなくなってた。ちゃんとここにおいといたのに……。

    置いといた……友達を?

少女    お人形なの。ロビンは。

    ああ……。

少女    みんなわすれろって言う。もう見つからない。きっとねむっているときにぬすまれたんだって。人さらいに、さらわれたんだって……。だからね、あたし、ここで人さらいを待ってるの。ロビンをさらった人をつかまえてやるの。

    そいつは勇ましいね。

少女    あたし、けんかなら男の子にだってまけないもん。

    しかし、相手は一人だとは限らない。ピストルを持っているかもしれない。

少女    そのときは、わざとさらわれて、つかまったロビンのとじこめられているところにもぐりこむの。そうすればロビンをたすけ出せるでしょ。

    なるほど……。大切な友達なんだね。

少女    あたしたち、いっしょにすてられたの。

    ……。

少女    ハコの中から声がするからのぞいてみたら、あかんぼうのあたしが、ロビンとたのしそうに話をしてたんだって。

    ……。

少女    あたしたち、ずっといっしょだった。

    ……。

少女    ロビンがいないと、体が半分にちぎられたみたいなの。


 汽笛が続けて三度鳴る。


少女    行っちゃった……。

    ああ。行っちゃったけど、また来るさ。

少女    ……。

    どんな子なの?

少女    ……。

    ロビン。探してるんだろ?

少女    おじいさん、いっしょにさがしてくれる?

    俺はね、人探しのプロなんだ。

少女    ほんとに?

    ああ。これまでも、たくさん人を探して、見つけてきた。

少女    ロビンも見つけられる?

    ああ……ただ、彼がどんな子なのか知る必要がある。手がかりがないと、探せないだろ?

少女    (目を輝かせて)ロビンはね、このくらいの大きさでね、白い顔で、目が大きくて、金色のきれいなかみの毛をしていて、水玉もようのふくを着てるの。


 男はポケットから手帳を取り出してメモを取りながら。


    金髪で……水玉模様の服と……。ほかに特徴は?

少女    とくちょう?

    ああ……特徴ってのは、なんだ……癖とか、そういうロビンらしさだよ。足を引きずって歩くとか。タバコを吸うとか。

少女    タバコなんかすわないよ。まだこどもなんだから。


 と、少女は口からドロップを吐き出して包み紙に戻す。


    どうした?

少女    半分とっといて、また、いたくなったらなめる。

    ああ……。

少女    あ、ロビンはねこがきらいよ。

    猫が?

少女    一度、ねこにひどくかみつかれて、それからロビンはねこがきらいになったの。

    (メモする)ロビンは、猫が嫌いと……。

少女    あと、べんきょうもすきじゃないみたい。がっこうなんかぜったいに行きたくないって言ってたから。

    (メモする)勉強も嫌いと……。

少女    それから、パン屋のおばさんもきらいなの。だってあの人、ロビンのこと、ピエロみたいだってわらうんだもん。

    嫌いなものばかりだな……。

少女    すきなものだってあるわ。ロビンはうたうのが大すきよ。

    へえ、どんな歌を歌うんだい?

少女    じぶんでつくった歌。ロビンはそのときの気持ちをなんでも歌にしちゃうの。

    (メモする)作曲の才能があると……。

少女    ああ……もういちどロビンの歌がきけたら、あたし、しんでもいい。

    ……。

少女    あたしたち、いちばんのなかよしだけど、よくけんかもした。それで半日口をきかなかったこともあった。でも、そんなとき、いつもさいしょにあやまるのはロビンだった。すこしいじっぱりで、おっちょこちょいなところもあるけど、その百ばいくらい、すなおでやさしいの。

    (少女の横顔を見つめて)……。

少女    あ、そうそう、ロビンにはひげがあるの!

    髭が? だって子供なんだろ。

少女    去年のクリスマスのとき、あたしたち大げんかしたの。あたし、どうしてもゆるせなくってね、それで、ロビンがねむっているときに、ペンでひげをかいちゃった。

    はは……何があったんだい?

少女    サンタクロースなんていない。そんなのを信じているお前はバカだって言ったの。

    それは……ひどいな。

少女    そういうことを言うのよ、ロビンは……でも、ひげをかいても、ロビンはおこらなかった……。あんなこと、しなければよかった……。

    (メモする)ロビンには髭が生えていると……。

少女    それからね、ロビンは……。

    いや、もう十分だ。これだけ手がかりがあればきっと見つかる。だから、今日はもうおうちにお帰り。シスターが心配している。

少女    おじいさん、またあした、ここで会える?

    ああ。また、ここで会おう。

少女    きっとよ。きっと来てね。


 少女、立ち去る。遠くでふり返って大きな声で。


少女    おじいさん、人さらいに気をつけるのよ!


男は一人、沈みかけた夕日に染まった海の、すでに遠く沖を行く船を見つめる。汽笛が微かに聞こえて。


    金髪で、白い顔をした目の大きい、水玉模様の服を着た、髭面の男か……。


男は、ぼんやりと「ロビン」を想像する。と、その「言葉通り」の姿をしたロビンが現れる。ロビンは男の隣に腰を下ろす。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




28日までご観劇頂けます~


14日、16日バージョンがございます。

オススメは、16日バージョンです。


読んで、観る。


これまた楽し(笑)



top_img.jpg

この記事へのコメント