廃校の大鏡

さて、モスリラの稽古もいよいよ大詰め
出演者の集中度もヒートアップしてきた

昨日の稽古は池袋の廃校となった小学校でやった

廃校と言ってももちろん管理者がいて、
幽霊とか出そうな雰囲気はない

ただ、階段とか
部屋の中に
大きな鏡がある

大きな鏡

俺は昔から大きな鏡が苦手だ
苦手と言うか
まあ、はっきり言って
大っ嫌いだ

小さいのはちっとも怖くないが
大きいのは
どうも、
ちょっと、
体から力が抜けてしまう

握力の検査をしたら小学生の女子並になってしまう

そのくらい嫌いだ
大きな鏡は

まあ、今はそんなに
怖くはないつもりだけど、

昨日は稽古をしていた部屋の
壁一面に大鏡が並んでいた

その鏡と向かい合いながら
稽古をしたわけだけれど、

ふと、気付くと
知らない俳優が
少し顔色の青ざめた
かわいらしい女優が
モスリラの台本を手にして
鏡に映っているような
そんな気がしてしまう

その俳優は
一生懸命に
俺たちの稽古を観ている

誰よりも真剣な目で
自分の出番を待っている

そして時々鏡越しに
目が合う

俺は恐ろしくて
振り返ることが出来ない





この記事へのコメント

わらべ
2009年09月16日 00:32
私も苦手です。大きな鏡。絶対に直視出来ません。目を合わせないようにしますね。それから夜の窓ガラス。カーテンをきっちり閉めないと駄目です。あぁ~考えるだけでも駄目です。窓の向こうから薄笑いを浮かべた人がのぞいていたらどうします?
2009年09月16日 22:20
気を失うかもしれません。はは。
夜の電車の窓やドアのガラスも困りますね。どこへ目をやっても、映った誰かを見てしまう。ぼんやり外の風景を見ていて、ふと気がついたらガラスに映った女の人に睨まれていたり。生きてる人間も怖いです。