ホロコースト・デイ


先日、「ヤコブ・クラヴィエツキ」を
イスラエル人の女性が見に来てくれた

とても美しく
知的で
優しい瞳をした
女性だ

芝居が終わった後、
その彼女と、いろいろ話をすることができた

その話の中で
この芝居の初日の4月21日が、
イスラエルのホロコースト・デイだということを
教えていただいた

彼女は俺がそのことを知っていて、
その日を「ヤコブ・クラヴィエツキ」の初日に
設定したのだと思っていたらしい

俺は何も知らなかった
不思議な符合としか言いようがない


この芝居を観に来る前に
彼女はご両親に電話をかけ
日本人の書いた
ユダヤ人の話を見に行くと話したそうだ

ご両親はとても喜んでくれたらしい

「ヤコブ・クラヴィエツキ」は
何か目に見えない力によって
書かされた

そう言っていいと思う

明日はいよいよ千秋楽

もうこれっきりになるかもしれない

客席の片隅から
何も考えずに
楽しむつもりだ


この記事へのコメント