やや長き沈黙

アクセスカウンタ

zoom RSS 山田定世

<<   作成日時 : 2017/04/14 02:49   >>

トラックバック 0 / コメント 0


山田君は俳優です。

俳優座の研修3年生。今回の芝居で、演出助手をしてくれます。僕はこういう青年が大好きです。「こういう青年」というのは、本来の目的を実現するためには、一見遠回りのように見える道を、楽しんで進める青年のことです。失敗にこそ価値があることを知っている青年のことです。

僕も山田君くらいの年の頃、同じ俳優座の研修生でした。25歳。持っていたのは夢と小銭だけ。いつもポケットの中で拳を握りしめていました。そんな僕と一緒にしたら、山田君に怒られるかもしれないけれど、なんだかあの頃の自分によく似ている気がします。

読み合わせでは山田君がト書きを読みます。熱のこもった声で、まるでセリフのように読みます。そんな贅沢な演出助手にツツガムシは恵まれました。

面白い芝居にならないはずがありません。

画像


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
山田定世 やや長き沈黙/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる