やや長き沈黙

アクセスカウンタ

zoom RSS たった一人のために

<<   作成日時 : 2014/11/17 01:55   >>

トラックバック 0 / コメント 0

稽古場のぞいてきました

ほんと、久々だなあ
芝居やるの

人がたくさん集まって
別にそんな世界作らなくたって
誰も文句言わないのに

もう、誰も止められない核融合みたいになって
それまでどこにもなかった
世界を作ってしまう

その世界は大都会の地下室で
何度か生み出されるだけで
ほとんど誰も見ることができない

世界の総人口を考えれば
誰も見てないといってもいいくらいだ

そうだ、
多くの人に見てもらいたいと願いながら
その実、芝居はたった一人のために作られる
正体のわからない「大勢」のために
作られるものでは決してないし
作れるものでもない


もう、目を瞑ると浮かんでくる

劇場に入ってくる
最初の客

たった一人の
あなたの顔が



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
たった一人のために やや長き沈黙/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる